読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノーボード カービングターン上達のまとめ!!

ほとんど独学でバッジ1級を取った人のカービングターンの上達応援無料サイト。中上級者向けハウツーを垂れ流しています。

最短上達。棒立ちカービングを掘り下げる(レベル別練習方法)

私がイチオシでおすすめする最短で上達できる練習方法の筆頭である棒立ちカービングですが、記事を見て「さあやってみよう」としてもそんな簡単に行かないのがこの動き。そこで今回は、レベル別に注意点を解説してみます。

スポンサーリンク





棒立ちカービング見習い

いきなりやっても、たぶんズレてしまうのではないでしょうか。このクラスの皆さんに必要なのは、板との同調。平たく言うと、カラダ全体をロックすることです。

イメージしやすいよう、動画や原理については以下の記事で詳しく解説しています。





(黒丸が重心。赤線は腰と肩のラインと見てください)

f:id:sunooo:20140125120626j:plain

・基本姿勢のまま、重心だけを左右に移動させる(図左)

・腰、肩のラインは平行を保つ(図中)

ことを意識することが重要です。

上体はひねったり、ねじったりしない

図右のように、ひねりを行ってしまうと、上体のねじれが板の回旋へと繋がってしまい、カービングしたいのに板がズレて回ってしまう事になります。

基本姿勢でじっとしたまま、左右の重心移動だけで切れる感覚を身につけてください。

ひとまず棒立ちカービングできるようになった人

おめでとうございます。次は、切れている感覚を維持したまま少しずつポジションを動かしていきましょう。大事なのは気持ち良く滑れる感覚を見つけることです。

f:id:sunooo:20140216162503j:plain

前後に動くとどうなるか、どこまでカラダをひねるとズレてしまうのか。

前荷重、後ろ荷重したままだとどうなるか、とにかくいろいろ試してみてください。



ただ棒立ちで楽そうに滑っている人がいたら、それらすべての動きを効率よく行っているからです。効率がいいかどうかは滑っている本人が一番理解し感じているはずです。

ZOZOPEOPLE | 斉藤 光央 - 骨盤の向きがターンの質を上げる

目指すのはこの感覚です。

だいぶ慣れてきた人

素晴らしい!ゲレンデの切り裂き魔に近づいてきました。

さらに積極的に動きましょう。切り返し〜ターンインの際、積極的に前足軸でターン前半を作っていきます。

f:id:sunooo:20140125120635j:plain

・膝、腰をガツッと前足に乗せていく

・エッジをかける側の拇指球orかかとに圧がしっかり乗るよう

どう動かせばよいのか、効率的な動きを家でも練習してみましょう。



〜効率の良さを考えると、おへそあたりの重心と荷重したいエッジとを直線で結ぶライン上に膝と腰が入っていることが重要です。

これからトゥサイドターンをしたいと思ったら、ターンの切り替え(ニュートラル)で、まだ角付けのないボードが雪面に対してフラットな状態のまま、膝はほんの少し内旋回(内側にひねりこむように回転)させるようにエッジ上まで移動させ、腰は前足のついている前骨盤をエッジの上まで移動させ、トゥサイドエッジ上に真っすぐな体軸を作る。
このとき膝と腰は同時にやります

ヒールサイドターンのときも書くと
ターンの切り替えで膝はほんの少し外旋回(膝を伸ばしきるように)させるようにエッジ上まで移動させ、腰は前足のついている前骨盤をエッジ上まで移動させ、ヒールサイドエッジ上に真っすぐな体軸を作る。このとき膝と腰は同時にやります


これを「基本姿勢(ニュートラルポジション)から膝と腰を入れる」と僕は表現します。

一直線上に、つま先(かかと)、膝、腰が並ぶことで、軸足が出来上がり、そして体軸が出来る。

まずは室内で(部屋の中などボードを履かずに)この動きを慣れるまで練習しましょう。(中略)

上級者はこの練習を体に染み付くほど繰り返しして下さい

ZOZOPEOPLE | 斉藤 光央 - 棒立ちカービングターン(上級者向け)

です。これがスムーズに出来る頃には、皆にガン見される視線を感じるはず◎

ここまでの練習はどれも緩斜面でできることですので、ぜひ緩斜面からはじめてください。いきなり斜度を上げる必要はありません。

緩い斜面で出来ないことは斜度を上げても出来ませんので、焦らず行くことが大事です。確実に上達すること間違い無しですよ。

みっちりポジション強化ができるメニューをこちらに書いてありますので、気になる方は参考にしてみてください

スポンサーリンク









GALLIUM(ガリウム) EXTRA BASE VIOLET SW2075
GALLIUM(ガリウム) (2013-01-31)
売り上げランキング: 2,539
緩斜面での練習には(そうでなくとも)WAXがけは重要。板の走りがスムーズなほど、効率よく練習ができます。


関連記事







ごあいさつ

独学でJSBA1級を取得して、その後も基礎滑りを黙々と練習して・・・

そうこうするうちに、どうやったらうまく滑れるようになるのか?というのがわかってきたので、そのハウツーをこのブログで垂れ流しています。

ぜひ上達にお役立てください!

詳しいプロフィールは【こちら】からご覧いただけます。