スノーボード カービングターン上達のまとめ!!

なるべくお金をかけずに上手くなりたい人のために、基礎滑りのハウツーを無料で提供しています。JSBAバッジ1級ぐらいはカバーしていますので、上達にお役立てください!

バックサイドがズレる人がチェックするべきビンディングのセッティングのコツ

スノーボードでバックサイドが苦手な方は多いと思います。

以前お伝えしたバックサイド特集の記事で書いたとおり、滑りのコツはこの記事にまとめてあるのですが、腕を磨かなくとも(?)ちょっとしたビンディングの調整で滑りが改善できる場合があります。何をやってもうまくいかない!という人は、ビンディングの設定を疑ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク





人によってはちょちょいと調整するだけで、バックサイドの悩みが吹き飛ぶかもしれませんよ!?

ハイバックとブーツの隙間に注目

ビンディングにブーツを装着し、ハイバックとブーツのかかと側を確認してみてください。こんな風にスキマがあいていれば、しめたものです。

f:id:sunooo:20140130185210j:plain

ハイバックのサポートが足りず、足下がぐらついている可能性も

f:id:sunooo:20140125160401j:plain

以前の記事で雪面とエッジとの喧嘩について触れましたが、喧嘩の結果、雪面側が負けるorボード側が負ける。のどちらかの理由でこのような状況になります。

後者の例では、ターン後半の圧に負けて板のたわみが限界を超えてしまうケース(前回記事)の他、足下のサポートが足りないケースも考えられるのです。

Jターン、カービング斜滑降、棒立ち、ノーズドロップetc・・・、各パート毎の練習で動きを工夫してみたが、どうにもならないぞ・・・!と嘆く前に、セッティングを変えてみましょう!

スポンサーリンク



その差、僅か5〜10度

ビフォー

f:id:sunooo:20140130185520j:plain

アフター

f:id:sunooo:20140130185445j:plain

f:id:sunooo:20140130185321j:plain

ほんの少し(5〜10度ほど)ブーツの背に、ハイバックをぴったりくっつけるだけです。

これだけで、バックサイドのサポート力が増し、板を立てる力が今まで以上に強くなります。



フォーワードリーンをたくさん入れると、ヒールエッジに乗りやすく(バックサイドサーンがやりやすく)なります。フォーワードリーンを入れなさすぎて、ブーツとバインディングの間に隙間があるのは、駄目ですよ。

スノーボードのセッティング|スノボーのスー

仕組みはこういうこと

f:id:sunooo:20140130201528j:plain

ターン後半では雪面からの力が強くなるため、ブーツとハイバックとの間に遊びがあると、エッジが緩む方にどうしても押されがちです。しかし、ハイバックがブーツにピタットフィットしていることにより、エッジが緩まないよう(角付けを維持できるよう)支えることが可能となります。

つま先を立てることばかりを意識して、すぐにスネの筋肉が疲れてしまう人は、ブーツとハイバックがぴったりフィットしているかを確認してみましょう。

デメリットも有り。トリック系とのトレードオフ

レスポンスが良くなる分遊びが少なくなるため、オーリーが難しく(シビアに)なります。エアをたしなむ方はくれぐれも怪我しないように注意してください。また、慣れないうちは太ももが疲れやすいです。

ともあれ、人によっては、セッティングを変えるだけで劇的に良くなる可能性があります。今一度チェックしてみてください◎

スポンサーリンク





ごあいさつ

なるべくお金をかけずに上手くなりたい人のために、基礎滑りのハウツーを無料で提供しています。

独学でJSBA1級を取得し、その後も毎シーズン基礎滑りを黙々と練習。体育会系?の協会チックなノリ(←本当かどうかはわからない)があんまり好きじゃないので、インストラクターにはなっていません。

技術だけを追求しすぎるのもちょっとアレなので、面倒くさいしがらみなく、フィーリングでユルく楽しく仲間とつながる、原点のスノボの楽しさを追求しています。あ、でも、ハウツーは頑張って左脳全開で書きました。本当は感覚の右脳派なので、どっちでも行けます。

ぜひ上達にお役立てください!

詳しいプロフィールは【こちら】からご覧いただけます。