スノーボード カービングターン上達のまとめ!!

なるべくお金をかけずに上手くなりたい人のために、基礎滑りのハウツーを無料で提供しています。JSBAバッジ1級ぐらいはカバーしていますので、上達にお役立てください!

今シーズンやって良かったこと(13-14まとめ4)

今シーズンは、行った回数の割に上達が早かったような気がします。

f:id:sunooo:20140223110538j:plain

 (ヒトリストやってたら、友人に見つかったの図)

 

これまでは友人何人かで乗り合わせで行くことが多かったのですが、友人達の結婚・出産・転勤など、環境の変化に伴い、今までと同じようにはいかなくなってしまいました。

私はそれでもスノボに行きたいんだ!!!!

私スノボバカなんで、それでもどうにかして滑りに行ってみました。

初めての試みもいくつかあったのですが、ときどきはボッチで滑るってのも結構楽しかった。というコトに気がつきました。

なので、いくつかの良かった体験記を紹介してみようと思います。

ヒトリストをやってみた

これはイイですね!100%自分で決められるのがたまりません。

  • 誰にも気を使わなくて良いので、マイペース&ノンストップでガンガン攻めて行ける。
  • 同行した友人に見栄張ったりする必要が全くなくなるので、一つのテーマに集中して取り組むのにはうってつけ。
  • ちょっと残念なところは、動画が撮れないので客観的な分析が難しいこと。
  • 昼食代が浮く(ゲレンデ併設のレストランでわざわざ取る必要が無い)

漫画「孤高の人」にインスパイアされて、スニッカーズをリフトで食っておしまい。って感じで。我ながら狂ってるな〜アハハと思いつつ。それすらも誰の目も気にする必要が無いという!

最初はミーハー向けのボルダリング漫画なんですが、途中から作風ががらっと変わってきて引き込まれます。 色んな山を単独登頂するクレイジークライマーな漫画。

たまのヒトリストは、上達にうってつけでした!

平日スノボに行ってみた

これも素晴らしく良かったです。

f:id:sunooo:20140413193629j:plain

(荒らされていないピステンバーンを独り占め!)

  • そもそも人がいない!なので、ロングターンや深回りなど、土日だと接触の危険があるような滑りもやりたい放題
  • バーンが空くのを待つ必要がないので、必然的に滑走時間の密度が上がる
  • 土日と比べて、開放感が素晴らしい!

てことで、これも上達にうってつけ!

無料シャトルバスを使ってみた

f:id:sunooo:20140413194034j:plain

ゲレンデが手配してくれている無料のシャトルバスを2、3回利用してみました。

使う前は、きゃぴきゃぴした若者にまぎれておっさん一人でアレなのかなーと思ってたのですが・・・・ところがドッコイ!

  • 意外や意外、家族連れも多く(自分よりおっさんがたくさんいて)あまり気にならない(笑)
  • マイカーで行くときと比べてP代がかからない。運転距離も短くなるので、ガソリン代も若干浮く
  • 雪道の運転の必要がないので気を使わなくて良い
  • 寝れるのでゲレンデに付く頃にはスッキリ!早起きして疲れの抜けない体で滑ったり、滑り終わってぐったりしたまま運転して帰路につくこともありません。安全第一◎

使ってみて分かったのですが、やっぱりみんな遠くから来てるんですよ。なので早朝運転してから行きのバスに乗車。たくさん滑って帰りのバス乗車。ということで、みんな寝るんです(笑)

なのでスゴイ静か。想像以上に快適でした!

 ついでに買い物も出来ちゃうよ!

f:id:sunooo:20100516103500j:plain

那須アルパカ牧場バスの旅。ー那須アウトレットモール編ー | 世界の片隅で鳥好きを叫ぶ - 楽天ブログ

集合場所がアウトレットというのもポイント高。17時ぐらいにバスを下車して、ちょっとアウトレット内をぶらついたり。というのも素敵でした。

好きなんだから仕方ない。好きなようにやろう!

毎年同じように過ごすというのは、どうしても叶わないこともありますから、やりたいことをいろいろ工夫してやってみたシーズンでした。

初めての試みも多かったですが、総じて良い結果に転んでいます。

 

環境の変化もポジティブにとらえ、やりたいことを工夫してやる。時には独りで気が済むまでやってみる。かっこいいじゃありませんか!

来シーズンはどんな楽しいことがあるでしょうね!

 

ごあいさつ

なるべくお金をかけずに上手くなりたい人のために、基礎滑りのハウツーを無料で提供しています。

独学でJSBA1級を取得し、その後も毎シーズン基礎滑りを黙々と練習。体育会系?の協会チックなノリ(←本当かどうかはわからない)があんまり好きじゃないので、インストラクターにはなっていません。

技術だけを追求しすぎるのもちょっとアレなので、面倒くさいしがらみなく、フィーリングでユルく楽しく仲間とつながる、原点のスノボの楽しさを追求しています。あ、でも、ハウツーは頑張って左脳全開で書きました。本当は感覚の右脳派なので、どっちでも行けます。

ぜひ上達にお役立てください!

詳しいプロフィールは【こちら】からご覧いただけます。