読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノーボード カービングターン上達のまとめ!!

ほとんど独学でバッジ1級を取った人のカービングターンの上達応援無料サイト。中上級者向けハウツーを垂れ流しています。

おすすめのスノボソックスを購入。モンベル「スノースポーツソックス」

「寒い」「冷たい」「痛い」。こういった不快な要素をなくせばなくすほど、ゲレンデで過ごす時間はどんどん快適になってきます。スノーボードを長く楽しむためにも装備のチョイスはものすごく重要です。
ということで、シーズンインを間近に控えスノボ用品の充実化を加速させています。今回新たにスノボ用のソックス(靴下)を購入しました。
f:id:sunooo:20141201202501j:plain


日本の良心ブランド。モンベル スノースポーツソックス

購入したのはこちらの商品。

スノースポーツ用の靴下とは、一体どのようなものなのでしょう!?
早速、レビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク



 



購入したきっかけは登山が趣味の先輩のおすすめ

それならモンベルのメリノウールがおすすめだよ。先輩はこう断言しました。
「今年はたくさんスノボに行くことになると思うので、そろそろ装備を充実させたい。まずは肌に触れる下着や靴下を物色している」と、職場で先輩と会話していた時のことです。

その先輩は、実は無類の登山好き。つい1,2ヶ月前にも夫婦で北アルプスにふらっと登りに行くほどの山好きなのです。装備についてもコスパを重視しているらしく、私と同様にモンベルを愛しているとのことで、この先輩の一言が後押しとなり、購入を決めることとなりました。
f:id:sunooo:20141201203329j:plain
ちなみに、これまでに私が所有したことのあるスノボ用品のおすすめ、便利グッズについてはこちらから確認できます。


メリノウールなのがおすすめの理由

スポーツ量販店で売っているような激安の靴下と決定的に違うのが素材(生地)です。メリノウールという素材がふんだんに使われているこの商品は、保温性に非常に優れ(つま先の冷えがかなり軽減される)、さらにウールの特性から嫌な臭いが発生しにくいという特徴があります。
ワゴン売りされているような安物の靴下と比較して、ウールの靴下は2〜3千円します。この価格差に当初は購入を躊躇していたのですが、一度使ってみたらその快適さに病みつきに!
以前年末年始のスノボ山ごもりで4日連続で同じ靴下を使い回ししましたが、臭いの感じなさには驚きを超越して感動が訪れたのは言うまでもありません。


使用感のレビュー


素材。メリノウール71%。家庭での洗濯OK!

主成分はメリノウール。その他、ポリエステル、ポリウレタン等の混紡です。
f:id:sunooo:20141201203724j:plain
洗濯表示は水洗いOK(これ重要)


つま先、足裏、かかとが肉厚

色が濃くなっている部分は、厚手の生地になっています。
f:id:sunooo:20141201203847j:plain
つま先のモンベルロゴもポイント。着替えるときにさり気なくモンベル愛を表現出来ます。


裏地

ややざっくりとしたパイル地です
f:id:sunooo:20141201203947j:plain


長さはひざ下まで十分カバー

私の足のサイズは25cm(男性にしては小さめ)。Mサイズ(24〜26cm)を購入しました。
f:id:sunooo:20141201204028j:plain
フィット感は、つま先がやや余り気味ですが許容範囲。
洗濯を繰り返すうちに縮んでくるでしょう。
なお、毛が濃いので素肌は自主規制。
シンプルなデザインで、さらにグレー色も販売されていますので、スノーボードにかぎらずとも、冬のオフィス・屋外作業に使用することも十分可能な点も見逃せません。

スポンサーリンク



 



スマートウール社製のメリノウールスノボソックスとの比較

以前こちらの記事で激しくおすすめしたスマートウール社製のスノボソックスと比較してみます。


生地感

モンベル(右)の方はざっくりとした生地感。対してスマートウール(左)は、かなり目の細かい緻密さ。
f:id:sunooo:20141201204851j:plain
履いた感じも、モンベルのざっくり感はしっかりと感じ取れます。モンベルの方が600円ほど安いのですが、履き心地は完全に個人差の範疇かと。
暖かさについては、モンベルの方はまだ実践投入していませんので控えることにします。


長さ

どちらも同じぐらい。ひざ下を完全にカバーしてくれます。
f:id:sunooo:20141201205111j:plain
この長さのお陰で、ブーツのインナーに触れる部分をしっかり保温してくれる算段。


足元アップ

つま先〜足裏が厚めの生地で編まれているのはどちらも同じ。
f:id:sunooo:20141201205236j:plain
スマートウールの方がやや凝ったデザインになっていますが、足の甲側は少し生地の厚さを薄くして、関節を動きやすくしたり、汗の発散を促したりしやすい作りにしている。というのはどちらも共通しているようです。


5本指のスノボソックスには手を出すつもりはない

私が愛用しているブーツメーカーのディーラックスや、超メジャーなバートンからももちろんスノボ用のソックスが販売されています。

個人的には、5本指ソックスは気にならないことも無いのですが、それよりもやはり私はコスパを優先したくなります。ほとんど同じような素材で作られていれば、機能的には大差無いはずかと。(5本指ソックスを履いたら上達するとも限りませんし。。。)

でも、スノボブランドで装備を揃えるってのは統一感があってカッコイイのは間違いなし。お好みのスタイルでシーズンを楽しめると良いですね。

参考になれば幸いです。

では!

スポンサーリンク



 


こちらが今回購入したモンベル製品

こちらは既に所有していたスマートウール社の製品。どちらもおすすめできるスノボソックスです!

 

ごあいさつ

独学でJSBA1級を取得して、その後も基礎滑りを黙々と練習して・・・

そうこうするうちに、どうやったらうまく滑れるようになるのか?というのがわかってきたので、そのハウツーをこのブログで垂れ流しています。

ぜひ上達にお役立てください!

詳しいプロフィールは【こちら】からご覧いただけます。