読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スノーボード カービングターン上達のまとめ!!

ほとんど独学でバッジ1級を取った人のカービングターンの上達応援無料サイト。中上級者向けハウツーを垂れ流しています。

(動画あり)初心者のレベルアップからキレキレターンを得たい人まで、動画撮影のススメ!

自分の滑りを撮影し、客観的に見つめ直すことほど上達の近道になるものは無いと、最近強く感じています。
「果たしてこんな滑りで合っているのだろうか!?」と疑問を抱きながら練習している人も多いと思いますが、客観的に自分の滑りを受け止め、1つずつ課題をクリアしていく事で、周りの友人を差し置いて飛躍的に上達することも十分可能です。

そこで今回は、動画撮影のススメ!という観点で記事を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク




密かに大好評のお悩み相談。動画を送ってくれる人も増えてきた

1月から始めたお悩み相談ですが、その後も継続的に私を訪ねて連絡を下さる人が結構いらっしゃいます。
ほとんど毎日、心の底からの「ありがとうごいます!」というお言葉をいただき、こちらまで毎日胸が躍るような気持ちで楽しく過ごせています。

そんな中、最近増えてきたのが、動画を送ってくださる方。
やはり動画があった方が、圧倒的に具体的な指摘や対策の伝授がもの凄くやりやすいのです。




動画を使った滑りの改善の例

僭越ながら、私の例を紹介してみます。
これまであまり自分動画を乗せる事も無かったのですが、お悩み相談をしている手前、自ら人柱になってみたいと思います。


1月4日。悪くはないようなきがするのだが、何か物足りない。

新春初滑りでの撮影。コンデジを使用
0104.mp4 - Google ドライブ
悪くない気がするのですが、何かが足りない気がします。あとFS前半ちょっと内倒かも


1月30日。トーションを取り入れてみた。BS側に流れている

お悩み相談のやり取りのなかで、「トーション」をターンに取り入れてみた一本。スマホで撮影。
0130.mp4 - Google ドライブ


足下のエッジングはかなり安定する一方、何も考えずにトーションにばかり意識を向けると、FSが急に曲りすぎてしまい、BS側に流されていることがありありと分かります。
f:id:sunooo:20150208103344j:plain
足下からのターンも、そのさじ加減が重要だということを早速学びました。


1月31日。ハイスピードカメラで撮影

新たな秘密兵器として「ハイスピードカメラ」を導入した1カット
0131slow.mp4 - Google ドライブ

足下ばかりを意識するあまり、体軸が全然倒れていません!それにFS谷回りでバランスを崩しかけていますorz
こういう滑りをみると、自分でも結構へこみます(笑)が、そこでくじける気はありません。

ちなみに購入したハイスピードカメラはこちら。型落ちの不人気カラーということもあって、驚くほど安価で手に入れる事ができました。

私が今回購入したハイスピードカメラがこちら。1万円少々で、スーパースローモーションが撮影できるというコスパの高い逸品。滑りの分析がより簡単になります!動画撮影中のスームイン・アウトも簡単。良い買い物をしました。


スポンサーリンク



2月4日。体軸倒す練習。BSが足りない

この日は絶対に転びたくないガッチガチのアイスバーン。上記デジカメの通常モードで撮影。
0204.mp4 - Google ドライブ
前回の「体軸倒れてない」反省を踏まえて切り替えし直後の谷回りをしばらく何もせず我慢してみる「気持ち待つだけ」動作を取り入れます。

それでもバックサイドのエッジがなかなか噛まず、ターン後半の伸ばし荷重の力が見事?に抜けてしまっています。アイスバーンって難しい。


その日・その時の滑りの反省・改善点をすぐにフィードバックできる

と、このように、その時の滑りの改善点をすぐに確認し、次の一本で修正することができるようになります。
悪い癖が身に付く前に軌道修正を行う事で、上達のスピードもかなり早くなるはず!

ホントに、初心者上級者関係なく「上手くなりたい!」って人ほど動画撮影はオススメです!

参考になれば幸いです。

では!


関連記事



スポンサーリンク


ごあいさつ

独学でJSBA1級を取得して、その後も基礎滑りを黙々と練習して・・・

そうこうするうちに、どうやったらうまく滑れるようになるのか?というのがわかってきたので、そのハウツーをこのブログで垂れ流しています。

ぜひ上達にお役立てください!

詳しいプロフィールは【こちら】からご覧いただけます。