スノーボード カービングターン上達のまとめ!!

なるべくお金をかけずに上手くなりたい人のために、基礎滑りのハウツーを無料で提供しています。JSBAバッジ1級ぐらいはカバーしていますので、上達にお役立てください!

カービングターン初級者向けの練習方法「エッジに乗ったままターン」

そこそこ滑れるようになった初中級者にぜひともお勧めしたい練習方法を今回解説します。

今までなんとなく「滑れれば良い」といった様子で楽しんできた方も、今回紹介する方法を試してもらうことで、滑りの次元がレベルアップし、飛躍的に上達することが出来るはずです。

スポンサーリンク



ということで、これまで過去2回にわたって紹介してきたカービングターン初級者向けの練習方法の第3弾です。いよいよターンらしく、全体を繋げた滑り方のご紹介になります。

過去に書いたカービングターン初心者向けの練習方法はコチラ。併せて参考にして下さい。




ターンの一連の動作を全てカービングで行う

カービング斜滑降Jターンで、おおよその感覚をつかめたら、緩斜面に行ってターンの全て(切り返し除く)をエッジだけで滑ってみましょう。

f:id:sunooo:20141105200101j:plain

これまでのドリフトターン、スライド系のターンとは全く違った滑り方になります。


滑り方

詳しくは、私が敬愛するこちらのサイトをご覧下さい。


1.基本姿勢で直滑降

2.基本姿勢を保ったまま、ヒールエッジに体重をかける

上手くエッジに乗れば、スノーボードが勝手に曲がっていきます。

自分からターンするのではなく、スノーボードが勝手に曲がる感覚を感じてください。

3.少しターンしたら、トゥエッジに体重をかける

カービング斜滑降で練習したように、エッジがズレないように意識しながら、トゥエッジに体重をかけます。

基本姿勢を保ったままにするのは同じです。

2〜3を繰り返す

スノーボードの滑り方:切り換えカービング | スノボーのスー

文字だけでは分かりづらいので、動画付きの記事を別に用意しました。

初めて練習される方は緩い斜度から試していただければと思います。


カービングターンの壁である、谷回りの練習が可能

下の図の矢印部分。切り返しからフォールラインまでの間を「谷回り」と呼びますが、この部分を重点的に習得できるのが今回ご紹介する練習方法なのです。

f:id:sunooo:20141105200222j:plain

カービングターンを練習する際に大きな壁となりがちな

・切り返しの際に体重を谷側に移動させるのが怖い。

・気がつけばターン終盤はずっと耐えるばっかりで斜滑降&先落としになっていることが多い

こういった部分の対策に特に効果的。

スポンサーリンク




これまでのドリフト・スライド系と滑りの違い

滑走ラインを簡単に図で示すと以下のようになります。

f:id:sunooo:20141105200544j:plain

斜滑降から先落とし(切り返し)のケースが左。斜滑降の部分は滑っていて「切れてる」感覚があるかと思いますが、切り返しになると、どうしてもズレが生じてしまう(網掛け部分)・・・

一方、カービングターンの場合はほとんどが1本のライン。切り返しのところだけ切れ目が入る。といった滑走ラインを描くようになります。

練習しながら時々後ろを振り返れば一目瞭然。自分の滑ったラインを確認してみると良いと思います。


ドリフトターン・スライド系ターンの時と違う点

身体をひねったり、ねじったりするクセがあると、上半身と下半身のねじれが板に伝わり、ズレの原因となってしまいます。カービングターンの初期の練習で大事なのは、板との同調。



これまで私が教えてきた方のほとんどは、最初のうちはサイドカーブだけでエッジに乗って滑ることがうまくできません。どうしてもこれまでのドリフトターン・スライド系ターンのクセが出てしまうものなのです。(切り返しの時に勢いで身体を捻ったりすることが特に多い)

上手く行かないときは、目線を向ける方向にも注意してみてください。

とても奥が深い練習ですので、カービングターンに興味がある方は是非挑戦してみると良いと思います。

あなたのカービングターンの質が大きく向上すること間違いなしですよ!

では!


無料サロン体験実施中。

最近スノーボードが面白くないと感じているあなたへ。

f:id:sunooo:20160104162220p:plain

カービングターンの魅力にとりつかれたものの、年々一緒に滑る相手が少なくなり、自分一人では限界を感じていませんか?

そんなあなたに、

  • 無料お試しキャンペーンを利用して、サロンメンバーにアドバイスを受けられる
  • 滑りの悩みについて、メンバーのアドバイスや応援をお届けしたい。

そんな体験をプレゼントさせていただきます。

これは、私が15-16シーズンから立ち上げた雪山田サロンを無料でお試し体験していただくものです。

刺激的な仲間があなたを再び熱中の渦に連れて行ってくれるでしょう。

あなたの滑りの上達のために、ぜひお役立てください。

スポンサーリンク



ごあいさつ

なるべくお金をかけずに上手くなりたい人のために、基礎滑りのハウツーを無料で提供しています。

独学でJSBA1級を取得し、その後も毎シーズン基礎滑りを黙々と練習。体育会系?の協会チックなノリ(←本当かどうかはわからない)があんまり好きじゃないので、インストラクターにはなっていません。

技術だけを追求しすぎるのもちょっとアレなので、面倒くさいしがらみなく、フィーリングでユルく楽しく仲間とつながる、原点のスノボの楽しさを追求しています。あ、でも、ハウツーは頑張って左脳全開で書きました。本当は感覚の右脳派なので、どっちでも行けます。

ぜひ上達にお役立てください!

詳しいプロフィールは【こちら】からご覧いただけます。